INDEX:

※第1話〜第10話へ戻る

※第11話〜第20話へ戻る
※第21話〜第30話へ戻る
※第31話〜第40話へ戻る

第41話【オシ16をほんの少しだけ】
第42話【年末の反省】
第43話【オシ16をほんの少しだけ2】

   

 

 

第41話【オシ16をほんの少しだけ】

遅れに遅れお待たせを致しますインテリアパネルキットの新製品「オシ16」ですが、申し開きをしたところでお客様には関係のない話で恐縮ではありますが、企画開発・制作販売も私ひとりの零細体制では(それは個人事業であるが故の設定価格との引き換えでもある訳ですが)「オシ16」に注力する余りに枯渇する既存製品の時々の受注も絡めばハンドリングも悩ましく、設定された期限・目標に向かってチームで仕事をしたサラリーマン時代なら(極端な話し)目標に届かずとも期日での最大パフォーマンスの制作で乗り切れた一面もあったことを振り返ると尚更に、制作行程のベクトルは丁寧方向に貼付きますので自身の中でのバランスを取ること自体が非常に難しく感じます。

兎に角本件を一日でも早く完遂させなければとコラムの更新も今年は敢えて封印をして参っておりましたところ、ある日のこと年々機会は減りつつあるものの以前は良く遊んで貰っていた会社勤務時代の師匠から久々にメールが届いたので返信をすると「コラムも更新されてないので潰れたんかと思たわ」と言われてしまい、実はリピートをして下さるお客様にも同様に(メールトラブルが要因として背景にはあったのですが)勘違いされてしまったりと看過出来ない実情に慌てて更新する次第です。

本サイトトップページでも今月中とご案内しておりました(ほんの一部で恐縮ですが)「オシ16」のサンプルパーツをご覧下さい。

前位サロンの①-③位側テーブル席廻りのパーツです。(画像をクリックすると別画面で拡大表示されます。ご参照下さい)

例により側面内装を印刷表現した①-③位側パネル、そのパネルに接着するテーブル、車体側の床板取付けアングル上面に接着する床ホルダ、オシ16形で特徴的な床ホルダに固定する跳ね上げ式の椅子の配置状況です。(側パネル奥に見える真鍮色の物体と画面右の帯状の白い物体は撮影上の支持体で製品とは無関係です)

側パネルの薄茶色の四角は窓抜きした透明部分です。本製品では「オシ17」製品同様にフジモデルさんのキットに含まれない側窓のサッシについても(オシ17ではポリカ素材を用いたハンドメイドパーツでしたが)アクリル素材を採用しレーザーカットしてシルバーに塗装したサッシスペーサパーツが付属し、組立てると側窓の全周に車内側からサッシの縁が覗きます。

テーブルもアクリル素材のレーザーカット品で、営業時でもテーブルクロスは使われず特徴的だった実車天面の木目化粧板は印刷により表現しております。さらにテーブル全周に廻る押縁はシルバー塗装で表現しています。(但し押縁の天板への僅かな廻り込みは表現を省略しました)

テーブル席に備わる背ずりを前後で共用する折り畳み椅子も、同様にアクリル素材のレーザーカットパーツです。この画像にはありませんが、手前側の前位中妻と奥側の料理室ユニット(チャイナタウン)それぞれに背を向ける専用の椅子もパーツとして付属します。
当初椅子の座布団が回転する方式で進めておりましたが加工の限界に阻まれ、やむを得ず折り畳まれた姿の固定式と致しました。この設計変更により本来は実車同様に備わるべき脚フレームを省略しておりますので組立説明書にはチャレンジされるお客様向けにその脚部分の図面を掲載する予定です。(尚、今回掲載致しました画像ですが、椅子の色の向きを誤って配置したまま撮影しておりました。本来は手前の椅子は黄色4号色が通路側・奥の椅子は通路側が灰色1号色の配置となるのが正解です。気が付いた時はあとの祭りで撮り直す時間も無く何卒ご容赦下さい)

只今テーブルの作成を急いでいる最中で、完了次第②-④位側の上下カウンタの塗装・組立、回転椅子用床ホルダの塗装・組立、回転椅子の作成・塗装・組立と進め、最後にダウンライトユニット・冷蔵庫・電子レンジ・飲料ストッカー・コンロ台・2組の戸棚・カウンタを合わせ料理室ユニットを作成する予定です。
サッシスペーサや②-④位側に貼付く手洗い器とパーテーション・東芝製のアイスクリームストッカーとパーテーション、従業員休憩室椅子の用意は完了しておりますが、今更乍らに遅れに遅れた要因を振り返ると、根本は自身の見通しの甘さに他ならない訳ですが、ハンドメイド故に必ずといってよいほど付きまとうトライアル期間も馬鹿にならず、かといって大量のパーツもお客様のお手元へ届くのは唯一であることを思うと不手際は許されず、気になればやり直すいつもの手当も、もしかすると過ぎるのかも知れませんが、本当に何が起こるか予測が付かない現状だけに、軽々しくは慎むべきと未だ発売時期のご案内は控える次第です。

久々のホームページ更新は失念技多発に戸惑う始末でした。ネタが溜まる一方のコラムもまた暫く放置状態になろうかと思いますが、突然死でも無い限り告知は致しますので音沙汰は無くともどうぞご安心下さいませ。
(2018.10.30wrote)

 
PageTopへ  
 

第42話【年末の反省】

年末までに開発中の新製品インテリアパネルキット「オシ16」の②-④位側パネル・窓下に上下2段で備わるカウンタテーブル・朱と黄色が交互に並ぶカラフルな回転椅子と床ホルダ・カウンタの端に立つパーテーションを背にしたアイスクリームストッカー及び手洗い器などの表情をお伝えする心積もりで制作を進め大半は片付いたのですが、残る回転椅子の制作にかかれたのが本日になってからと遂に時間切れを迎えてしまいました。正月返上で急ぐ所存です。

なかなか完遂しない「オシ16」の制作に猛省する1年の間に、今年は日頃当たり前のようにこの先も存続するものと疑いもしなかった老舗の模型メーカーの廃業が相次いだ淋しくて残念でやり切れない年でもありました。
また最近報道で知った激安を売りに顧客から前金を吸い上げた挙げ句に商品を届けずに姿を眩ますという販売店が現れるなど考えられないご時勢にあっては尚更のこと、惜しまれつつ扉を閉める姿は愛されてなんぼの模型屋さんたる所以がそこにあったと申せましょう。目指すべき姿と心得1年の締めくくりに致します。
(2018.12.31wrote)

 
PageTopへ  
 

第43話【オシ16をほんの少しだけ 2】

本来なら年末にご案内するべきところでした開発中の新製品インテリアパネルキット「オシ16」の②-④位側パネル廻りの件、ようやくパーツの仮組みが出来上がりましたのでその表情をご覧下さい。

②-④位側パネル前後位に位置するサロンカウンタ席です。(画像をクリックすると別画面で拡大表示されます。ご参照下さい)

側パネル(窓は透明になります)窓下に上下2段のカウンタテーブルが備わります。
上段の奥行きの狭い小物テーブルはクリーム色に塗装したLアングルで、画像では分かりにくいですが実車同様に立面の「ぶどう色2号」色デコラパネル面を印刷で表現しております。下段の食卓カウンタテーブルは黒い化粧板の天面を印刷表現し端面の押縁はシルバー塗装にて表現致しました。

窓向きに並ぶ朱と黄色の回転椅子は例により椅子の脚底を床ホルダに接着し車内の床下取付アングルの上に貼付けます。構造上向きを変えることが容易ですので整然と並ぶ姿以外のアレンジも楽しめそうです。現段階ではまだ椅子の仕上げに荒さが残りますので製品では改良を加える予定です。

ご覧のようにカウンタ席の中央寄りにはアイスクリームストッカーと手洗い器が備わります。それぞれパーテーションと一体のパーツとなっており設置済みの両面テープで側パネルに固定します。また手洗い器上方の紙タオル入れは飛び出しが大きいため立体パーツで表現致しました。

以上簡単ではございますが取急ぎご案内申し上げます。先を急ぎます。
(2019.01.05wrote)

 
PageTopへ